ウィメン45+スペシャリスト

更年期の70%の女性が何かしらの悩みを抱えています!
認知が低い具体的な症状や対策について学び、世の女性の笑顔を増やしていきましょう!

◎こんな方におすすめです!

パーソナルトレーナー/スタジオインストラクター/セラピスト/エステティシャン/美容関係者/医療関係者/カウンセラー/鍼灸・柔道整復師/更年期障害についてお悩みの方など ※どなたでもご受講いただけるコンテンツとなっております。

資格の特長

「ウィメン45+スペシャリスト」とは?

現在、いわゆる更年期にあたる45 歳から54 歳までの女性は約800 万人おり、このうち何らかの更年期症状や更年期障害に悩まされる人の割合は、70%にも上ると言われています。しかし、とてもデリケートな面があるため、言葉や表情に出さないように隠している女性も多くいます。

問題を抱える人がたくさんいるのに、その問題について社会ではあまり知られていないという大きな問題があります。このギャップが“更年期”の問題で悩む女性をさらに苦しめているため、具体的な症状やメカニズム、対処を行う必要があります。

NESTAの「ウィメン45+スペシャリスト(W45)」では更年期の悩みやお肌・髪のトラブルなどから心と体のギャップが生じがちな40代後半〜50代前半の女性にそっと寄り添い、心身の不調や不安を軽減するための知識やスキルがあることを証明するものです

新たなライフステージを迎え、ますます輝く自分でいたい「大人の女性」をサポートできるスペシャリストを目指しましょう。


講習会で学べる4大スキル

1.女性の体の仕組みと更年期障害のメカニズムを正しく理解できる

「更年期とは何か?」「更年期障害とは何か?」を知らなくては、それに苦しむ人をサポートすることはできません。 更年期障害は身体的、心理・社会的要因が複合的に影響するため、発症のメカニズムについて明確に断定されていませんが、45~55歳の女性たちが身体、心理・社会などどのような問題で苦しんでいるのかについて理解することが重要です。 また基礎的な知識として、女性特有の「月経」「妊娠」「閉経」なども合わせて理解することで、適切なサポートが出来るようにしていきます。


2.更年期障害による身体的、心理・社会的変化について理解できる

元気に活動することは、アンチエイジングに関わるさまざまな効果をもたらしてくれます。しかし、これまで運動習慣がなかった人が、突然運動を始めるのは、なかなか難しいことです。筋肉や骨盤といった骨格的な部分はもちろん、 女性ホルモンの作用や脂肪の重要な働き、加齢による体の変化など、健康的な生活を過ごす上でも大切な体の仕組みについて基礎的な部分も踏まえて理解を深めていきます。

運動をする上での健康上の問題点がないか、どの範囲の運動であれば可能なのか、などを医師に確認してもらう必要があります。


3.症状に応じたトレーニングと方法を理解できる

更年期障害の症状は様々であり、その症状に応じた適切なサポートが重要です。骨盤底筋群の機能低下、体脂肪量の増加、バランス能力の低下、低血圧などが例として挙げられます。 同じエクササイズでも症状によって処方の可否が異なってくるため、適切な理解が重要になってきます。

カーディオトレーニング、レジスタンストレーニングはもちろん、瞑想やリラクセーションエクササイズなどの運動の特徴を理解していきます。


4.症状に応じた適切なプランニングが出来るようになる

プランを立てることは、安全で効果的かつ継続していくためにとても重要になります。心理的・肉体的な変化が著しいだけに、より一層考慮して計画を微調整していくことが大切であり、ここではトレーニングの原理・原則も合わせて理解していきます。無理のない範囲で継続して実施できるプランニングができるようになります。


プログラム内容

序章 はじめに

現在、いわゆる更年期にあたる45歳から54歳までの女性は、約800万人います。このうち、何らかの更年期症状や更年期障害に悩まされる人の割合は、70%にも上ると言われています。つまり、今、日本で“更年期”の問題を抱えている女性が560万人もいるということなのです。
心と体のギャップの狭間で孤独に悩む女性たちにそっと寄り添い、心も体も元気な状態で活躍するためのサポーターとなる。これがウィメン45+スペシャリストが果たすべき役割です。
序章では、ウィメン45+スペシャリストの必要性と、このコースで学べることをお伝えします。

第1章 ウィメン45+の特徴と変化

女性の45〜 55歳(ウィメン45+)は、人生というマラソンにたとえた場合、折り返し点を通過し、後半戦に向かってまさに進んでいこうとしているステージだと言うことができます。そして、身体的にも、心理的にも、社会的にも、多くの変化が生じる時期です。
元気さを保ちながらも老いを迎えるこの時期、これまで経験してきたことと同じイメージを持ったまま過ごしていると、突然うまくいかなくなったり、どうしていいかわからなくなったりして、愕然・呆然とする場面も出てきます。
この章では、女性の人生にとって大きな転換期とも言えるウィメン45+の時期に起きる、さまざまな変化や問題(更年期と閉経、身体的変化、心理・社会的変化)について見ていきます。

第2章 ウィメン45+のフィットネスプログラム【戦略編】

第1章で見てきたウィメン45+の人々が抱えるさまざまな悩みの多くは、計画された運動プログラムに取り組むことによって、予防したり、改善したり、コントロールすることができます。
適切な運動や食事などによって、人々の現在、そして未来の健康が決まることが、科学的にも明らかにされています。「更年期だから仕方ない…」「寄る年波には抗えない…」そんな気持ちで一人悩む女性たちに、決してあきらめる必要がないことを伝え、よりよい暮らしをともに目指していくことこそ、ウィメン45+スペシャリストの役割です。
本章では、ウィメン45+の快適な暮らしをサポートするためのフィットネスプログラムについて、分野ごとに基本戦略を描いていきます。
1.筋力トレーニング 2.有酸素トレーニング 3.姿勢・体幹トレーニング 4.バランストレーニング 5.柔軟性トレーニング 6.心と体の健康 7.骨盤底トレーニング

第3章 ウィメン45+のフィットネスプログラム【戦術編】

第2章では、ウィメン45+が快適な暮らしを送るためのフィットネスについて、各トレーニングの基本戦略を学びました。続いて、この章では、ウィメン45+の人々が抱えるさまざまな問題に対応するための、具体的な戦術を学んでいきます。
それぞれの問題について、考慮すべき重要なポイントを知り、安全で効果的な運動プログラムを作成する術を身につけていきます。
ウィメン45+の人々に起きやすい、様々な疾病についても学びます。

第4章 プランニング

1〜3章で、45〜55歳の女性が悩む問題を理解するための基礎知識と、それら問題の解決に役立つ各種トレーニング等の基本的なガイドライン、そして、代表的な問題に合わせたフィットネスプログラムのデザイン方法について、学んできました。
この章では、ここまでに学んできたそれらの事項を駆使して、ウィメン45+のセッションをどのように進めていけばよいのかについて見ていきます。
カウンセリング〜クライアントの評価〜プランニングを学びます。

受講者の声

「いつまでも若々しく美しく過ごしたい」と世の女性の多くが望んでいるかと思いますが、更年期という誰もが経験する時期に適切なサポートが受けられず、苦しんでいる女性をたくさん見てきました。そういった方に寄り添ってサポート出来る存在になりたいと考え、この講座の受講を決めました。心理的、肉体的、社会的にどういった変化があり、どうのような症状に悩まされやすいのか、そういったことを根本から詳しく学ぶ事ができ、更年期についてより理解を深める事ができました。この内容は、女性だけでなく、むしろ男性にもぜひ学んでいただきたい内容で、トレーナーとして自信を持ってオススメします。
(東京都・並川由美子様 /TEAM8 副代表・パーソナルトレーナー https://www.team8.jp/index.html

開催日程

※ご希望の会場をクリックすると日程が表示されます

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

タイムテーブル
1日目
9:00

12:00

講義

第1章
特徴と変化

  • ・更年期と閉経
  • ・ウィメン45+ の身体的変化
  • ・ウィメン45+ の心理・社会的変化
13:00

18:00

講義

第2章
フィットネスプログラム【戦略編】

  • ・筋力トレーニング
  • ・有酸素トレーニング
  • ・姿勢・体幹トレーニング
  • ・バランストレーニング
  • ・柔軟性トレーニング
  • ・心と体の健康
2日目
9:00

12:00

講義・実技

第3章
フィットネスプログラム【戦術編】

  • ・骨粗鬆症
  • ・心疾患/骨粗鬆症
  • ・高血圧
  • ・尿失禁
  • ・月経痛
  • ・ほてり(ホットフラッシュ)
  • ・片頭痛
  • ・加齢
13:00

18:00

実技・グループワーク

第4章
プラン二ング

  • ・カウンセリング
  • ・評価
1日目 2日目
9:00

12:00

講義

第1章
特徴と変化
・更年期と閉経
・ウィメン45+ の身体的変化
・ウィメン45+ の心理・社会的変化

9:00

12:00

講義

第3章
フィットネスプログラム【戦術編】
・骨粗鬆症
・心疾患/骨粗鬆症
・高血圧
・尿失禁
・月経痛
・ほてり(ホットフラッシュ)
・片頭痛
・加齢

13:00

18:00

実技

第2章
フィットネスプログラム【戦略編】
・筋力トレーニング
・有酸素トレーニング
・姿勢・体幹トレーニング
・バランストレーニング
・柔軟性トレーニング
・心と体の健康

13:00

18:00

実技

第4章
プラン二ング
・カウンセリング
・評価

※タイムテーブルはあくまでも目安です。学習の進捗度合により異なる場合があります。

資格試験について

自宅に持ち帰り受験するテイクホーム形式です。2日目終了後、問題用紙をお渡ししますので1週間以内に返送いただきます。

こちらの資格もオススメです