キッズカーディオ&ウェイトトレーナー

子どもにも重要なカーディオトレーニングとウェイトトレーニング
“プロ”の指導者として、子どもの発育発達を適切に導いていきましょう!
(※主な指導対象年齢:小学校低学年から高学年まで)

◎こんな方におすすめです!

パーソナルトレーナー、小学校教諭、サッカー・テニス・野球・ダンスなどの12歳までのスポーツに携わる方、体育家庭教師、スクールコーチ、インストラクター、それらを目指している学生 等々 
※どなたでもご受講いただけるコンテンツとなっております。

資格の特長

「キッズカーディオ&ウェイトトレーナー」とは?

子どもは、ある時期になると呼吸・循環系の発達が一気に高まります。個々の発育発達レベルに合わせた適切な負荷のプログラムを組み立てる事で、より効果的に能力を伸ばす事ができます。

ウェイトトレーニングを行うことは、子どもの成長に悪影響を及ぼすと考えられていました。しかし、現在ではその考え方はナンセンスであり、さまざまなメリットが得られることを示す研究が多数報告されています。

NESTAの「キッズカーディオ&ウェイトトレーナー(KCW)」では、子どもの身体面・精神面の成長段階とカーディオトレーニング(持久力トレーニング)とウェイトトレーニングの関連性を理解し、適切な指導を行えるプロフェッショナルであることを証明するものです。

この資格を取る事で、子どもの体力レベルに応じた効果的なトレーニングプログラムを作り、指導することができるようになります。子ども時代の運動経験は、社会人になってからの運動へのイメージを大きく左右します。子どもの発育発達を適切に導いていきましょう!


講習会で学べる4大スキル

1.子どもの発達段階と年齢毎の特徴を理解できる

子どもは、1年という期間に驚くべきスピードで成長します。年齢毎の身体面・言語面・心理面の特徴を深く理解する事で、子どもの変化に対して適切に対応でき、円指導が出来るようになります。


2.子どものやる気を刺激する指導法と保護者との良好な関係の築き方を理解できる

経験豊富なトレーナーであっても悩みの種になり得る子どもの動機づけ。明確な行動と技術を使う事で、運動への参加意欲を高めることができます。また、子どもと親の関係性もとても重要であり、良好な関係の築くポイントを理解する事で、円滑なコミュニケーションと指導を行えるようになります。


3.児童期のカーディオトレーニングとウェイトトレーニングの重要性を理解できる

子どもは、ある時期になると呼吸・循環系の発達が一気に高まります。年齢に応じた適切なカーディオトレーニングの負荷と設定方法を理解していきます。子どものウェイトトレーニングは重さを軽くするだけでは、様々なポイントを調整していく必要があります。これらの重要性を学ぶ事で、怪我を予防した効果的なプログラムを作れるようになります。


4.子どもの体力レベルに応じたレッスンプランの作成ができる

カーディオトレーニングやウェイトトレーニングを行う事は、大人が実施する場合以上に、発育発達が著しい子どもにとって、より注意する必要があります。1回のレッスンはもちろん、中長期的でレッスンを行う際のプランを立てられるようになり、実際の指導のポイントも習得する事ができます。


プログラム内容

第1章 子どもの発達段階

成長途上にある子どもの心と体は、日々変化していきます。子どもを対象としたトレーニングを考える上で、成長とともに変わりゆく子どもの心と体について、正しい知識を持っておくことはとても重要です。この章では、子どもの発達段階の区分を知り、年齢ごとの特徴について理解を深めます。

第2章 子どもの指導

子どもの運動参加への動機づけは、トレーナーにとって、重要なタスクの一つです。経験豊富なトレーナーであっても悩みの種になり得る子どもの動機づけですが、明確な行動と技術を使い、子どもたちの能力を認め、良い見本となることで、運動への参加意欲を高めることができます。ここでは、動機づけの種類と、それらがもたらす効果や影響、さらには、子どもたちのやる気を上げ、指導の効果を高めるためのテクニックについて学んでいきます。
また、子どもの指導を行う上でとても重要な、親との関係づくりについてもこの章で扱います。

第3章 子どものカーディオ&ウェイトトレーニング

この章では、3つの項目を学びます。

1.子どものトレーニング概論
子どもは、“小さな大人”ではないことを心から理解する必要があります。子どもには、大人とは異なる身体的・精神的・社会的な特徴があり、その潜在能力を最大限に引き出すためには、それらの特徴を踏まえた適切な対応が求められるのです。ここでは子どもの身体活動や、トレーニングのガイドラインを紹介します。

2.カーディオトレーニング
子どもにとって、カーディオトレーニングは、生涯にわたって健康な体を維持するためにも、競技スポーツのパフォーマンスを向上させるためにも、決して欠かすことのできないトレーニングプログラムです。
ここでは、カーディオトレーニングの基礎知識、プログラムデザイン、カーディオエクササイズをなど学びます。

3.ウェイトトレーニング
子どもにとって、ウェイトトレーニング(レジスタンストレーニング)を行うことは、スポーツのパフォーマンスアップから日常の健康維持まで、さまざまなメリットがあります。
ここでは、ウェイトトレーニングの基礎知識、プログラムデザイン、ウェイトエクササイズなどを学びます。

第4章 子どものスポーツ傷害

まだ成長途上にある子どもの体は、スポーツ活動によってかかる過度の負荷に耐えられずに、障害が発生してしまうことが多くあります。こうしたスポーツ障害の発生を防ぐためには、障害の原因等に関する正しい知識を持ち、その発生を未然に防ぐ「予防」を徹底して実践することが最も効果的です。

第5章 レッスンプラン

運動指導・レッスンを行う場合は、どのような対象者(アスリート、ダイエット志向の一般女性、シニア、キッズなど)でも、全てレッスンプランを作成して臨むことが必要です(マンツーマン指導、グループ指導を問わず必要です)。子どもの指導の場合も同様で、事前にレッスンプランを作成して、十分に準備をすることで、質の高いインストラクションが可能となります。
レッスンプランの意義・作成方法・レッスンにおける指導のポイントから、子どもとのコミュニケーションテクニックも学びます。

受講者の声

年代毎に大きな違いのある子どもの発育発達に合わせ、より適切で安全な指導ができるようになることが目的でした。「カーディオ」「ウェイト」と聞くと、キッズ指導のイメージはされにくいと思っていて、中には子どもにウェイトトレーニングなんて...と思っている方も多いのではないかと思うのですが、むしろ子どもの指導にこそとても重要で効果的である事を実感しました。肉体的にも精神的にも発育発達が著しい小学生という時期に、安全で効果的な指導をするためには、この講座で学ぶ内容を実践することが必要不可欠であり、子どもの指導に慣れている方にも役立つ資格だと思います。
(静岡県・原科朋典 / エクスプロ代表 コンディショニングトレーナー http://studio-expro.com/about.html )

タイムテーブル
1日目
9:00

12:00

講義

第1章
子どもの発達段階~

  • ・発達段階の区分
  • ・児童期における年齢ごとの特徴
13:00

18:00

講義

第2章
子どもの指導

  • ・動機づけ
  • ・親との関係づくり

第3章
子どものカーディオ&ウェイトトレーニング

  • ・子どものトレーニング概論
  • ・カーディオトレーニング
  • ・ウェイトトレーニング
2日目
9:00

12:00

講義・実技

第4章
子どものスポーツ傷害

  • ・回旋筋腱板損傷
  • ・肘の損傷(野球肘)
  • ・オスグッド病
13:00

18:00

実技・グループワーク

第5章
レッスンプラン

  • ・レッスンプランの意義
  • ・レッスンプランの作成方法
  • ・レッスンにおけるインストラクションのポイント
  • ・コミュニケーションテクニック
1日目 2日目
9:00

12:00

講義

第1章
子どもの発達段階
・発達段階の区分
・児童期における年齢ごとの特徴

9:00

12:00

講義

第4章
子どものスポーツ傷害
・回旋筋腱板損傷
・肘の損傷(野球肘)
・オスグッド病

13:00

18:00

実技

第2章
子どもの指導
・動機づけ
・親との関係づくり

第3章
子どものカーディオ&ウェイトトレーニング
・子どものトレーニング概論
・カーディオトレーニング
・ウェイトトレーニング

13:00

18:00

実技

第5章
レッスンプラン
・レッスンプランの意義
・レッスンプランの作成方法
・レッスンにおけるインストラクションのポイント
・コミュニケーションテクニック
・レッスンプラン例

※タイムテーブルはあくまでも目安です。学習の進捗度合により異なる場合があります。

資格試験について

自宅に持ち帰り受験するテイクホーム形式です。2日目終了後、問題用紙をお渡ししますので1週間以内に返送いただきます。

資格認定講習会の魅力
開催日程

※ご希望の会場をクリックすると日程が表示されます

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

こちらの資格もオススメです