スペシャルオペレーションフォーススペシャリスト

スペシャルオペレーションフォース(自衛官、消防士、警察官)を鍛えあげる!
究極の肉体と究極のパフォーマンスのための究極のプログラムがここにある!

・ファイヤーレスキューコンディショニングスペシャリスト
・ミリタリーコンディショニングスペシャリスト
・ポリスワークアウトスペシャリスト
(※3つの資格は「ダイハードトレーニング」システムを用いた共通のプログラムとなっています)
◎こんな方におすすめです!

パーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、部活動指導者、消防士、警察官、自衛隊、アスリート、ハードな減量プログラムを必要とする方 等々 ※トレーニング習慣がある方を中心にご受講いただけるコンテンツとなっております。

資格の特長

「スペシャルオペレーションフォーススペシャリスト」とは?

健康のためのスポーツ、レクリエーションとしての運動を実施する人が増えています。一方で自分自身の限界に挑戦したり、競技パフォーマンスをとことん追求したりする「アスリート」なども日を追うごとに増加しています。

NESTAの「スペシャルオペレーションフォーススペシャリスト(SOF)」では究極の肉体と究極のパフォーマンスを追い求める人たちをサポートするスキルがあることを証明するものです 身体やトレーニングに関する正しい知識と高い技術を持った人のサポートを受けてこそ、究極の肉体&パフォーマンスは手に入れられるものです。

警察官・消防官・自衛官・海上保安官・SP等々、特殊な任務に従事するプロたちのように最高のパフォーマンスを発揮できる人材を増やしていきます。


講習会で学べる4大スキル

1.パフォーマンスアップに必要な要素を理解できる

運動には様々な要素が含まれています。それらは大きく2種類に、さらに11種類に細かく分けられています。

健康関連体力:心肺持久力・身体組成・筋力・筋持久力・柔軟性 スキル関連体力:敏捷性・バランス・コーディネーション・パワー・スピード・反応時間

運動に取り掛かる第一のステップとして欠かすことのできない「評価(アセスメント)」について学んでいきます。 細かく分類された要素の評価方法を理解し、パフォーマンスアップに必要な要素を適切に見極められるようにしていきます。


2.要素に応じた各種トレーニング方法を理解できる

様々なトレーニング方法を知ることで、評価によって具体化した長所と短所を踏まえて必要な体力要素を磨くことができます。 器具の有無関係なく、トレーニングをより効果的に行うワンランク上のトレーニング方法を学ぶことができ、狙った要素に対して適切な種目選択および方法を用いることができるようになります。


3.安全で効果的なプログラムの作成方法を理解できる

究極の肉体を目指すダイハードトレーニングは、綿密に計画されたトレーニングプログラムの上に成り立ちます。根性論でやみくもに強度の高いトレーニングに励むだけでは、肉体だけでなく精神的にも摩耗し、「オーバートレーニング」を招いてしまいます。「トレーニングの原理・原則」を踏まえたプログラム作成を理解します。


4.ダイハードトレーニングに特化したレッスンプランが作成できる

トレーニングの原理・原則を理解した上で、継続していくための「ピリオダイゼーション(期分け)と呼ばれるテクニックを学んでいきます。 通常よりも強度の高いダイハードトレーニングは声掛けも重要になってきます。セッションを実施していく上でのポイントや難しさを理解することで、すぐに実践可能なスキルを身に付けられます。


プログラム内容

第1章 Physical Fitness 〜体力〜

ダイハードトレーニングで目指す「究極の肉体」は、個々のクライアントで異なります。究極の肉体が繰り出す究極のパフォーマンスを手に入れるために必要なトレーニングは何か?その答えを導き出すには、まずそのクライアントに必要な体力とは何かを知ることから始めましょう。
1.体力とは(体力の分類・健康関連体力) 2.体力の評価(体力の指標・体力の測定法) 3.体力ニーズの評価(エネルギーシステムのニーズ評価・筋力タイプのニーズ評価)などを学びます。

第2章 体力別トレーニング法

心肺持久力を上げるエネルギーシステム開発トレーニング・ランニングトレーニング・スイムトレーニング、筋力・筋持久力・パワーを上げるレジスタンストレーニング・プライオメトリックトレーニング、敏捷性・スピード・反応時間・柔軟性を上げるスピードトレーニング・柔軟性トレーニング、抵抗力(ストレス耐性)を上げる環境順応トレーニング・メンタルトレーニング をプログラム例やストレッチ方法を踏まえ、ご紹介します。

第3章 安全なトレーニングプログラム

究極の肉体を目指すダイハードトレーニングは、綿密に計画されたトレーニングプログラムの上に成り立ちます。トレーニングの強度や時間、エクササイズ種目などを適切に設定するのはもちろんのこと、そこに変化を持たせることが効率的・効果的なトレーニングプログラムには欠かせません。ここでは、そのような効率的・効果的となる変化に富んだプログラムデザインの仕方を学びます。
また、効率的・効果的で、なおかつ安全なトレーニングプログラムを作成するため、傷害予防(ケガや障害の予防について)もこの章で学びます。

第4章 ワークアウトプラン

運動指導・レッスンを行う場合は、どのような対象者(アスリート、ダイエット志向の一般女性、シニア、キッズなど)でも、全てレッスンプランを作成して臨むことが必要です(マンツーマン指導、グループ指導を問わず必要です)。
レッスンプランの作成方法やポイントを、プラン例を元に学びます。

◎ こんな方におすすめです!
パーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、部活動指導者、消防士、警察官、消防・警察学校の指導教官、アスリート、究極の減量プログラムを必要とする方 等々

受講者の声

自想していた以上のものを得られた上、意識の高い多くの素晴らしい仲間と出会えたのは、とても大きな収穫でした。トレーナーとして常にクライアントのお手本でなければなりません。見た目だけでなく、動ける身体が必要です。器具の有無関係なく、最高の身体作りをする方法を学ぶ事ができました。講師自身も究極の肉体づくりを実践されており、非常に説得力のある講義で、2 日間があっという間でした。これからも地方からフィットネスを盛り上げていきます!
(鳥取県・岸本拓郎様 / 株式会社エス・ボディ・フィットネス代表取締役 https://www.s-bodygym.com/)

タイムテーブル
1日目
9:00

12:00

講義

第1章
Physical Fitness ~体力~

  • ・体力とは
  • ・体力の評価
  • ・体力ニーズの評価
13:00

18:00

講義

第2章
体力別トレーニング法

  • ・心肺持久力
  • ・筋力・筋持久力・パワー
  • ・敏捷性・スピード・反応時間・柔軟性
  • ・抵抗力(ストレス耐性)
2日目
9:00

12:00

講義・実技

第3章
安全なトレーニングプログラム

  • ・ピリオダイゼーションプログラム
  • ・傷害予防
13:00

18:00

実技・グループワーク

第4章
ワークアウトプラン

  • ・レッスンプランの意義
  • ・レッスンプランの作成方法
  • ・ティーチングメソッド
  • ・ダイハードトレーニングワークアウト集
1日目 2日目
9:00

12:00

講義

第1章
Physical Fitness ~体力~
・体力とは
・体力の評価
・体力ニーズの評価

9:00

12:00

講義

第3章
安全なトレーニングプログラム
・ピリオダイゼーションプログラム
・傷害予防

13:00

18:00

実技

第2章
体力別トレーニング法
・心肺持久力
・筋力・筋持久力・パワー
・敏捷性・スピード・反応時間・柔軟性
・抵抗力(ストレス耐性)

13:00

18:00

実技

第4章
ワークアウトプラン
・レッスンプランの意義
・レッスンプランの作成方法
・ティーチングメソッド
・ダイハードトレーニングワークアウト集

※タイムテーブルはあくまでも目安です。学習の進捗度合により異なる場合があります。

資格試験について

自宅に持ち帰り受験するテイクホーム形式です。2日目終了後、問題用紙をお渡ししますので1週間以内に返送いただきます。

開催日程

※ご希望の会場をクリックすると日程が表示されます

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

  • 2020年12月まで開催の予定はございません

こちらの資格もオススメです