NESTA JAPAN

NESTA JAPAN

◎ 代表・スタッフ

NESTA 代表

NESTA 代表
Dr. John Spencer Ellis

毎週世界中で100万人以上が、ジョン・スペンサー・エリスが設計したフィットネスプログラムを楽しんでいる。
エリス博士は、NESTA(ナショナル・エクササイズ・アンド・スポーツ・トレーナー・アソシエーション)会長であり、スペンサー・ライフ・コーチ研究所の所長でもある。
エリス博士は全米パーソナルトレーナー協会・ゲットアメリカフィット財団の諮問委員役員、国立フィットネス試験官委員会理事も勤めている。
著書には、「真剣に考えていますか-究極の最適フィットネスガイド」(自著)、「チャンピオンの力」(寄稿)、OCフレアーマガジン(フィットネス分野編集担当)がある。
8カ国で行われている世界最大のフィットネス・ブート・キャンプ・プログラムである、アドベンチャー・ブート・キャンプの創始者。
エリス博士監修のアウトドア・フィットネス器具シリーズ「TriActive America」も世界中で愛用されている。
エリス博士の記事やインタビューは今までに30以上の出版物で取り上げられており、健康・フィットネス・ライフスタイルに関するコンサルティングも頻繁に行っている。
NBC、CBS、PBS、ESPN、ブラボでも取り上げられている。これから放送予定のテレビ番組のOC Bodyのホストも勤め、DVD Playground Boot Campに出演している。


NESTA JAPAN 代表
東山 暦 REKI HIGASHIYAMA

ワシントン州シアトルにあるパシフィック・ルセラン大学にてスポーツマネジメント・スポーツ心理学を学び学位を取得。指導者としてアメリカのオリンピック代表選手、テニスのプロ選手、大学から幼少年などの様々なアスリートを指導、育成。
その後、アメリカ大手のフィットネスクラブでエグゼクティブとして企業の運営に係わり、独自のプログラムを使ったマ―ケティングで大きな成功を収め、企業に貢献。
現在、Stay-fit社とGlobal Fitness Japan社という2つの会社の経営者として日米間のフィットネス企業のコンサルティングを行い、成功を納める。
また、セミナー活動、スポーツ関連書籍の出版などの多岐にわたるビジネスも展開。2006年より米国ナショナル・エクササイズ・アンド・スポーツ・トレーナー・アソシエーション(NESTA)の要請にて、NESTA・JAPANの代表に就任し、日本で最先端の知識を持ったフィットネストレーナー、インストラクターの養成に力を注ぐべく、活動している。


NESTA JAPAN 副代表
齊藤 邦秀 KUNIHIDE SAITO

東京学芸大学教育学部生涯スポーツ専攻運動処方専修卒業。
学生時代からアスレティックトレーナーとしての活動を開始。
卒業後に本格的にパーソナルトレーナーの道へと進み、様々なジャンルのアスリートをサポートするトレーナーとして活躍。
2004年にWellness Sportsを設立。「ライフスタイルコーチング」の理念を掲げ、後進の育成にも心血を注ぐ。
フィットネスクラブ全般のコンサルティングやプログラム開発、トレーニングマシン開発補助など、パーソナルトレーナーとしての知識を活用し、より広い分野で活動している。


NESTA JAPAN 事務局長
村上 浩宣 HIRONORI MURAKAMI

中京大学体育学部 健康教育学科卒。
中学より本格的に競泳をはじめ、オリンピック選手を多数輩出した名門 私立尾道高等学校 水泳部に所属する。
水泳指導の名将 鶴峯 治氏の指導を受ける。大学卒業後、三重県の私立学校に就職し幼稚園・中学校・高等学校の教員・事務長を経験し、体育専門学校副校長として運動指導員の育成にかかわる。
また、同校運営のスイミングスクール総支配人、三重県水泳連盟 競泳強化、日本スイミングクラブ協会東海支部理事として水泳指導にかかわる。
教員・支配人・水泳コーチとしての経験を活かし、2005年に独立しキッズ~介護高齢者指導まで幅広く指導するとともにフィットネスクラブ・キッズスクールの運営プロデュース、プログラム提供を行う。
株式会社 AHA(Alive! Healthy! Amusing!)代表取締役社長
子どもの運動教室 KidsWorks(富山県) プロデューサー
スイミングスクール指導顧問(愛知県)
NESTA PFT,中学校・高等学校保健体育教員,公認水泳上級コーチ,健康運動指導士


Director of International service
Samantha Mcdermotto

サマンサ・マクダーモットは放送局の営業担当代表として、米国内数十局のセールス部門に対し、売上げ増加のためのアドバイスを行う。
その後、活動範囲をジャーナリズムに広げるというユニークなステップを踏み、世界中に配信されるレポートのリポーターとしてまたニュースディレクターとして活躍し、国内で認知されている何十もの賞を受賞。
公共的な部門での活躍は、いくつもの賞を受賞した著名人とのインタビュー、 例えば大統領候補でありマサシューセッツ上院議員であるジョンケリー、ジョセフP.ケネディ2世連邦議会議員、ジャネットリノ司法長官、アンディルーニー、故デールアーンハート、ホッケー殿堂入りしたブラッドパーク選手など。
「The Choice」と名づけられた、飲酒と運転の因果関係についての公共へのメッセージの発信とその後のキャンペーンでの活躍は評判となり栄誉あるビーコンアワードを受賞。
現在NESTAのインターナショナル部門の責任者としてNESTAをサポートしている。