ウィメン45+スペシャリスト

NESTAウィメン45+スペシャリストでは、更年期の悩みやお肌・髪のトラブルなどから心と体のギャップが生じがちな40代後半〜50代前半の女性にそっと寄り添い、心身の不調や不安を軽減するための知識やテクニックを学びます。新たなライフステージを迎え、ますます輝やく自分でいたい「大人の女性」をサポートできるスペシャリストを目指しましょう。

序章 はじめに

現在、いわゆる更年期にあたる45歳から54歳までの女性は、約800万人います。このうち、何らかの更年期症状や更年期障害に悩まされる人の割合は、70%にも上ると言われています。つまり、今、日本で“更年期”の問題を抱えている女性が560万人もいるということなのです。
心と体のギャップの狭間で孤独に悩む女性たちにそっと寄り添い、心も体も元気な状態で活躍するためのサポーターとなる。これがウィメン45+スペシャリストが果たすべき役割です。
序章では、ウィメン45+スペシャリストの必要性と、このコースで学べることをお伝えします。

第1章 ウィメン45+の特徴と変化

女性の45〜 55歳(ウィメン45+)は、人生というマラソンにたとえた場合、折り返し点を通過し、後半戦に向かってまさに進んでいこうとしているステージだと言うことができます。そして、身体的にも、心理的にも、社会的にも、多くの変化が生じる時期です。
元気さを保ちながらも老いを迎えるこの時期、これまで経験してきたことと同じイメージを持ったまま過ごしていると、突然うまくいかなくなったり、どうしていいかわからなくなったりして、愕然・呆然とする場面も出てきます。
この章では、女性の人生にとって大きな転換期とも言えるウィメン45+の時期に起きる、さまざまな変化や問題(更年期と閉経、身体的変化、心理・社会的変化)について見ていきます。

第2章 ウィメン45+のフィットネスプログラム【戦略編】

第1章で見てきたウィメン45+の人々が抱えるさまざまな悩みの多くは、計画された運動プログラムに取り組むことによって、予防したり、改善したり、コントロールすることができます。
適切な運動や食事などによって、人々の現在、そして未来の健康が決まることが、科学的にも明らかにされています。「更年期だから仕方ない…」「寄る年波には抗えない…」そんな気持ちで一人悩む女性たちに、決してあきらめる必要がないことを伝え、よりよい暮らしをともに目指していくことこそ、ウィメン45+スペシャリストの役割です。
本章では、ウィメン45+の快適な暮らしをサポートするためのフィットネスプログラムについて、分野ごとに基本戦略を描いていきます。
1.筋力トレーニング 2.有酸素トレーニング 3.姿勢・体幹トレーニング 4.バランストレーニング 5.柔軟性トレーニング 6.心と体の健康 7.骨盤底トレーニング

第3章 ウィメン45+のフィットネスプログラム【戦術編】

第2章では、ウィメン45+が快適な暮らしを送るためのフィットネスについて、各トレーニングの基本戦略を学びました。続いて、この章では、ウィメン45+の人々が抱えるさまざまな問題に対応するための、具体的な戦術を学んでいきます。
それぞれの問題について、考慮すべき重要なポイントを知り、安全で効果的な運動プログラムを作成する術を身につけていきます。
ウィメン45+の人々に起きやすい、様々な疾病についても学びます。

第4章 プランニング

1〜3章で、45〜55歳の女性が悩む問題を理解するための基礎知識と、それら問題の解決に役立つ各種トレーニング等の基本的なガイドライン、そして、代表的な問題に合わせたフィットネスプログラムのデザイン方法について、学んできました。
この章では、ここまでに学んできたそれらの事項を駆使して、ウィメン45+のセッションをどのように進めていけばよいのかについて見ていきます。
カウンセリング〜クライアントの評価〜プランニングを学びます。

◎ こんな方におすすめです!
フィットネスクラブ経営者・従業員、パーソナルトレーナー、グループインストラクター、カルチャースクール講師、美容サービス関係者、自治体保険・健康増進担当者 等々

受講者の声
・更年期障害について漠然としたイメージしかなかったが、、評価していく基準などが明確になったので、日々の業務に活かせそうです。(男性・パーソナルトレーナー)
・丁寧な教え方でとてもわかりやすかった。また、少人数だったので質問もしやすく、細かいところまで教えて頂けて大変有意義でした。(女性・スタジオインストラター)
・今まで忘れていたことを思い出すきっかけになったり、新しい情報をたくさん学ぶことができました。(女性・トレーナー)