メンタルフィットネストレーナー

「メンタルフィットネス」は”心と体を癒す”というまったく新しいコンセプトのフィットネスプログラムです。この資格では、呼吸法やメディテーション(瞑想)、ストレッチ、カウンセリングなどの理論と実技を学び、心と体を解きほぐすことのできるトレーナーを養成します。
体力強化のためのトレーニングだけでなく、”癒し”のためのトレーニングが求められる現代のストレス社会においては必須の資格です。

第1章 メンタルフィットネスとは

この章では、メンタルフィットネスが求められる社会的背景と指導を実施するタイミング、それによって得られる効果を学びます。
さらに目的・対象によって様々な利点があること、そして具体的にどんなことをするプログラムなのかについて理解していきましょう。

第2章 ストレスが及ぼす影響

この章では、一見とらえ所のない「ストレス」というものを把握するため、人体に及ぼす影響を明らかにした上で、身体の各防衛機能(神経系、免疫系、内分泌系)からのアプローチの効果について学びます。

第3章 リラクゼーションプログラム

この章では、メンタルフィットネスで実施される3つのメソッド、呼吸法・メディテーション・リラクゼーションプログラムとはそれぞれどういうものなのか、そしてどのようにリラックス状態を高めていけるか理解を深めると共に、具体的な実施法の習得を目指します。

第4章 フィットネスプログラム

この章では、メンタルフィットネスの2つの柱のうち、「フィットネスの部分」について学びます。リラックスした心身を使って、日常においても活動しやすい身体にととのえることを学びます。

第5章 レッスンプラン

この章では、メンタルフィットネスを実施するにあたっての「アウトプット」の部分を学びます。単なる指導案ではなく、中・長期でのゴールと1回ごとのゴールを設定し、さらにそれらについてクライアントに「分かりやすく」伝えるその方法について理解を深めましょう。

第6章 カウンセリング

この章では、メンタルフィットネスの中で頻繁に取り入れられる「カウンセリング」について学びます。
心理学的な見地からも、普段のセッションに役立つ手法や考え方ばかりです。この機会に、カウンセリングというものについて、あらためて理解を深めましょう。

第7章 ビジネス

この章では複雑で把握しにくいビジネス展開の考え方とその具体的な方策を学びます。資格を取得したのち、自分の長所を活かせる場、状況、ネットワークについて、また生計を立てられる仕組みづくりについて、「可視化」していきましょう。

◎ こんな方におすすめです!
医療関係者、カウンセラー、セラピスト、美容関係者、トレーナー、グループインストラクター、それらを目指している学生 等々

受講者の声
・通常指導している内容とは違う内容のことだったので新鮮でした。また、セミナー以外での話も仕事につながることだったので為になりました。(男性・トレーナー)
・メンタル面は軽視というか深く関わる人がいない反面、とても重要な部分だと思います。その見えない心の部分を学ぶことで、よりその方に合ったプログラムやアドバイスをしていけたらと思います。とても楽しく学べました(女性・トレーナー)