キッズカーディオ&ウェイトトレーナー

今、子どもの運動能力向上に対する社会の関心は高まるばかり。しかし、子どもの体は成長途上なので、大人と同じ考え方でトレーニングを行っては、安全に正しく運動能力を伸ばしてあげることができません。
「キッズカーディオ&ウェイトトレーナー」資格のプログラムでは、子どもの身体面・精神面の成長段階について学び、各段階に合わせたカーディオトレーニング(持久力トレーニング)とウェイトトレーニングの指導内容を習得していきます。
この資格を取ることで、子ども向けの適切なトレーニングプログラムを作り、効果的に教えることができるようになります。

第1章 子どもの発達段階

成長途上にある子どもの心と体は、日々変化していきます。子どもを対象としたトレーニングを考える上で、成長とともに変わりゆく子どもの心と体について、正しい知識を持っておくことはとても重要です。この章では、子どもの発達段階の区分を知り、年齢ごとの特徴について理解を深めます。

第2章 子どもの指導

子どもの運動参加への動機づけは、トレーナーにとって、重要なタスクの一つです。経験豊富なトレーナーであっても悩みの種になり得る子どもの動機づけですが、明確な行動と技術を使い、子どもたちの能力を認め、良い見本となることで、運動への参加意欲を高めることができます。ここでは、動機づけの種類と、それらがもたらす効果や影響、さらには、子どもたちのやる気を上げ、指導の効果を高めるためのテクニックについて学んでいきます。
また、子どもの指導を行う上でとても重要な、親との関係づくりについてもこの章で扱います。

第3章 子どものカーディオ&ウェイトトレーニング

この章では、3つの項目を学びます。

1.子どものトレーニング概論
子どもは、“小さな大人”ではないことを心から理解する必要があります。子どもには、大人とは異なる身体的・精神的・社会的な特徴があり、その潜在能力を最大限に引き出すためには、それらの特徴を踏まえた適切な対応が求められるのです。ここでは子どもの身体活動や、トレーニングのガイドラインを紹介します。

2.カーディオトレーニング
子どもにとって、カーディオトレーニングは、生涯にわたって健康な体を維持するためにも、競技スポーツのパフォーマンスを向上させるためにも、決して欠かすことのできないトレーニングプログラムです。
ここでは、カーディオトレーニングの基礎知識、プログラムデザイン、カーディオエクササイズをなど学びます。

3.ウェイトトレーニング
子どもにとって、ウェイトトレーニング(レジスタンストレーニング)を行うことは、スポーツのパフォーマンスアップから日常の健康維持まで、さまざまなメリットがあります。
ここでは、ウェイトトレーニングの基礎知識、プログラムデザイン、ウェイトエクササイズなどを学びます。

第4章 子どものスポーツ傷害

まだ成長途上にある子どもの体は、スポーツ活動によってかかる過度の負荷に耐えられずに、障害が発生してしまうことが多くあります。こうしたスポーツ障害の発生を防ぐためには、障害の原因等に関する正しい知識を持ち、その発生を未然に防ぐ「予防」を徹底して実践することが最も効果的です。

第5章 レッスンプラン

運動指導・レッスンを行う場合は、どのような対象者(アスリート、ダイエット志向の一般女性、シニア、キッズなど)でも、全てレッスンプランを作成して臨むことが必要です(マンツーマン指導、グループ指導を問わず必要です)。子どもの指導の場合も同様で、事前にレッスンプランを作成して、十分に準備をすることで、質の高いインストラクションが可能となります。
レッスンプランの意義・作成方法・レッスンにおける指導のポイントから、子どもとのコミュニケーションテクニックも学びます。

◎ こんな方におすすめです!
サッカー/テニス/野球/ダンスなどの子どものスポーツに携わる方々、子どもの運動指導に携わる方々、教育関係者、地域指導者、体育家庭教師、トレーナー、グループインストラクター、それらを目指している学生 等々

受講者の声
・プログラミングの重要性と難しさを感じました。(男性・トレーナー)
・自分の知識不足を改めて感じることができ、自分の価値を高めるためにもっと勉強したいと思いました。(女性・トレーナー)
・子供への指導の一番基となる部分を多く教えていただき、非常によかったです。(男性・インストラクター)
・自分のトレーナーとしての根本的なものを見直すいいきっかけになった。(男性・トレーナー)
・すぐに実行できる内容だった。ウェイトトレーニング以前のからだの作り方や使い方を教われたのが非常に良かった。(男性・トレーナー)