ダイハードトレーニングスペシャリスト

自分の限界に挑戦したいすべての人に贈るスペシャルなトレーニング。それがダイハードトレーニングです。この資格では、究極の肉体を手に入れるための、究極のトレーニングプログラムに関する理論と実技を徹底的に学びます。プロ・セミプロのアスリートやコアなスポーツ愛好家は、自らのパフォーマンスを高めるための努力を惜しみません。フィットネス愛好家の中にも、とことん自分を追い込んでみたいという人もいるでしょう。また、消防士や警察官といった職業上の使命を全うするために己の肉体を磨きあげる必要がある人々もいます。
そのような人たちが、できるだけ効率的に(短期間で)、ケガをすることなく、肉体を鍛錬できるようなプログラムを計画し、エクササイズ等を指導し、体調を管理することができる指導者を目指します。

第1章 Physical Fitness 〜体力〜

ダイハードトレーニングで目指す「究極の肉体」は、個々のクライアントで異なります。究極の肉体が繰り出す究極のパフォーマンスを手に入れるために必要なトレーニングは何か?その答えを導き出すには、まずそのクライアントに必要な体力とは何かを知ることから始めましょう。
1.体力とは(体力の分類・健康関連体力) 2.体力の評価(体力の指標・体力の測定法) 3.体力ニーズの評価(エネルギーシステムのニーズ評価・筋力タイプのニーズ評価)などを学びます。

第2章 体力別トレーニング法

心肺持久力を上げるエネルギーシステム開発トレーニング・ランニングトレーニング・スイムトレーニング、筋力・筋持久力・パワーを上げるレジスタンストレーニング・プライオメトリックトレーニング、敏捷性・スピード・反応時間・柔軟性を上げるスピードトレーニング・柔軟性トレーニング、抵抗力(ストレス耐性)を上げる環境順応トレーニング・メンタルトレーニング をプログラム例やストレッチ方法を踏まえ、ご紹介します。

第3章 安全なトレーニングプログラム

究極の肉体を目指すダイハードトレーニングは、綿密に計画されたトレーニングプログラムの上に成り立ちます。トレーニングの強度や時間、エクササイズ種目などを適切に設定するのはもちろんのこと、そこに変化を持たせることが効率的・効果的なトレーニングプログラムには欠かせません。ここでは、そのような効率的・効果的となる変化に富んだプログラムデザインの仕方を学びます。
また、効率的・効果的で、なおかつ安全なトレーニングプログラムを作成するため、傷害予防(ケガや障害の予防について)もこの章で学びます。

第4章 ワークアウトプラン

運動指導・レッスンを行う場合は、どのような対象者(アスリート、ダイエット志向の一般女性、シニア、キッズなど)でも、全てレッスンプランを作成して臨むことが必要です(マンツーマン指導、グループ指導を問わず必要です)。
レッスンプランの作成方法やポイントを、プラン例を元に学びます。

◎ こんな方におすすめです!
パーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、部活動指導者、消防士、警察官、消防・警察学校の指導教官、アスリート、究極の減量プログラムを必要とする方 等々

受講者の声
・今まで経験したことのないトレーニング種目や最新の考え方を学ぶことができて、とても有意義な2日間でした。今指導しているお客様にも活用できることが多いので、提供していきたいと思います。(男性・トレーナー)
・自分で勉強していた部分とリンクしていて、解らなかった部分も学習が出来たので良かったです。(男性・トレーナー)
・今までの知識が体系的にクリアになった。さらにプログレスなエクササイズを学べて良かった。(男性・トレーナー)
・実技もたくさんあり、実践の場で活かしやすいセミナーでした。教材以外の情報もわかりやすく非常に有益でした。(男性・トレーナー)
・自分を見直せるとてもいい機会でした。プログラムの組み合わせに、これから自信を持って取り組めそうです。(男性・トレーナー)