バックペインリリーフスペシャリスト

 「腰痛」に代表される背部痛は、日本人なら誰もが一度は経験すると言っても過言ではありません。ぎっくり腰のようにある日突然激しい痛みに襲われる場合もあれば、デスクワークや立ち仕事などで痛みが日々積み重なる場合もあります。症状や原因はさまざまですが、腰や背中の痛みは人々のQOL(生活の質)を大きく引き下げてしまいます。

 この資格プログラムでは、腰痛・背部痛の原因やリスクファクターについて学び、痛みの予防・軽減につながるさまざまな指導内容を習得します。筋トレやストレッチ、さらには正しい動作の習得や生活習慣の改善まで、クライアントを腰・背部の痛みから守る/救うための具体的な指導方法を幅広く身に付けられる、超実践的なプログラムです。

第1章 腰痛の解剖学

腰痛の予防や改善を考える上で、「腰」の構造や機能に関する知識は不可欠と言えます。
この章では、腰痛の概要と理解するとともに腰背部の骨格や関節、神経、筋肉といった基本的な解剖について学んでいきます。

第2章 腰痛の原因

腰痛の予防・改善をサポートするためには、目の前のクライアントを悩ませている痛みがどのように発生しているのか、その原因を把握することが出発点となります。
この章では、さまざまある腰痛の原因を整理し、主要な疾患・障害について理解を深めます。

第3章 腰痛クライアントの評価

クライアントの腰痛を改善するためには、痛みが引き起こされている原因をできるだけ正確に推測することが重要です。
この章では、腰痛クライアントの心身の状態を的確に評価するための具体的手法(1.面接 2.姿勢評価 3.動作評価 4.疼痛誘発テスト 5.身体機能テスト)を学びます。

第4章 腰痛改善プログラム

腰痛の原因や症状はさまざまであり、一人ひとりの体力や生活状況も千差万別です。ですから、一般的には腰痛にいいとされる運動も、別の人にとっては悪い運動となる可能性もあるのです。
腰痛改善を目的とした運動プログラムは次のステージに従ってステップアップしていくことが推奨されます。
Stage Ⅰ 正しい動作パターンの獲得
Stage Ⅱ 脊柱の安定性の構築
Stage Ⅲ 筋持久力の向上
Stage Ⅳ パフォーマンスアップ
このように、この章では腰痛を改善するための安全で効果的な運動プログラムに関しての基本的な考え方や具体的なエクササイズ種目について学びます。

第5章 日常生活での腰痛予防

腰痛クライアントの痛みの原因は、その大半が日々の暮らしの中に潜んでいます。腰痛改善や再発防止、そして誰もが一度は経験すると言われる腰痛を未然に防ぐために、 この章では、クライアントの日常生活における腰痛対策について学びます。

第6章 レッスンプラン

運動指導・レッスンを行う場合は、どのような対象者(アスリート、ダイエット志向の一般女性、シニア、キッズなど)でも、全てレッスンプランを作成して臨むことが必要です(マンツーマン指導、グループ指導を問わず必要です)。
レッスンプランの作成方法やポイントを、プラン例を元に学びます。

◎ こんな方におすすめです!
トレーナー / インストラクター / フィットネスクラブ経営者・従業員 / 介護・福祉施設職員 / 自治体・企業健康増進担当者 / 保健師 / 理学療法士 / 医療関係者 / 地域の運動指導者

受講者の声

・大変為になりました。今後、役立てたいと思います。(男性・トレーナー)
・人体模型を使って学ぶことができ、とてもわかりやすかったです。(男性・インストラクター)
・とても参考になった。学校で習ったことの復習にもなった(男性・トレーナー)

こちらの資格もオススメです